トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛主席 日本の鳩山由紀夫首相と会見

    胡錦涛国家主席は12日ワシントンで、日本の鳩山由紀夫首相と会見し、中日関係その他共に関心を持つ問題について率直に突っ込んで意見を交換した。

    胡主席は次のように述べた。目下中日関係は良好で、両国の指導者は密接に往来し、多くの重要な共通認識を得ている。各分野での実務交流・協力は着実に進み、国際問題と地域問題でも密接な意思疎通を保っている。

    胡主席は次のように指摘した。21世紀はすでに2番目の10年に入っている。国際・地域構造の大きな変革と調整という背景の下で、中日関係は新たな発展のチャンスを迎えている。双方はこの有利な時機を逃さず、中日関係で新たな進展がみられるようにし、中日の戦略的互恵関係のレベルを引き上げるべきである。

    胡主席はこれについて4点を提案した。第1にハイレベルでの往来を維持する。両国の指導者が引き続きさまざまな場を利用して接触を保つ。政府、政党、議会など各分野での対話と交流を強化し、相互信頼を増強する。第2に互恵協力を深める。ハイレベル経済対話などの仕組みを十分に生かし、経済・貿易分野の協力の安定した成長を推進する。双方は世界経済の潮流に順応し、持続可能な発展を目標にして、エネルギー、環境、低炭素技術、エコ経済、循環型経済、ハイテクなどの分野での協力を強化し、両国の経済・貿易協力をより高い水準へと押し上げるべきだ。第3に人文(人と文化)の交流を繰り広げる。交流の形式をたえず刷新し、関連の仕組みを作り、整えて、両国人民の相互理解と友好的感情を増進していきたい。第4にアジアの一体化プロセスにおける協力を強化する。中国側は日本側との対話、意思疎通、協調を強め、連係して地域の貿易、金融、インフラ整備などの分野での協力を推進し、アジアの一体化でたえず実質的な一歩を踏み出すようにしたいと考えている。

   鳩山首相は新たな情勢のもとで中日関係を発展させるという胡主席の主張に賛同し、次のように述べた。日中の戦略的互恵関係を発展させることを強く希望する。また両国のハイレベルでの往来を強化し、両国関係の内容を豊富にしていきたい。中国および地域の国と友好協力関係を築き、各分野での協力を強化して、東アジア共同体の構築を推進したい。中国とともに努力し、両国が合意した原則を確実に実施し、東海を友好協力と友愛の海にしたい。われわれは毒ギョーザ事件において中国の関係機関が行った努力に対し称賛と感謝の意を表し、日中の食の安全における協力を進めていくことを希望する。中国とともに、環境保護技術、気候変動への対処などの分野で協力を強化し、エコ経済の経験を分かち合いたい。

   会見には令計劃、王滬寧、戴秉国の各氏が同席した。

    (ワシントン4月12日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]