トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相 菅直人副総理兼財務相と会見

 

   

    温家宝首相は3日、中南海紫光閣で、日本の菅直人副総理兼財務相と会見した。

    温首相は次のように述べた。世界は国際金融危機対応のカギとなる時期にあり、アジア経済が真っ先に回復することには重要な意義がある。日本は省エネ・環境保護、グリーン経済、近代的製造業およびサービス業の面で先進技術をもち、中国は巨大な市場をもっており、両国企業がそれぞれの強みを生かし、貿易と相互投資を拡大し、新たな成長をはかるよう希望する。中国政府は日本政府とともに、チャンスを逃さず、二国間、地域および国際協力の仕組みを通して、協調・協力を強め、問題を適切に解決し、戦略的互恵関係をたえず前進させることを願っている。

    菅副総理は中国政府が国際金融危機対応のためにとった政策・措置とその成果を称賛した。また、日本政府は日中の戦略的互恵関係を非常に重視しており、新たな成長戦略の実施過程で、中国と協力し、互恵・ウィンウィンを実現したいと強調した。    (北京4月3日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]