トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
中国の警察 容疑者を拘束「対日輸出ギョーザ中毒事件」

    2008年初め、河北省石家荘市の天洋食品廠(工場)から日本に輸出されたギョーザで中毒事件が発生した後、中国政府はこれを重くみた。2年間のたゆまぬ努力のすえ、このほどこの事件が毒物混入事件だったことが明らかになった。中国の警察はすでに容疑者呂月庭を拘束している。

    中毒事件の発生後、両国の消費者に強く責任を負う姿勢で、全国から捜査、検査など各方面の専門家を集めて、特別捜査班が設置された。中国の警察は大量の人員を投入して聞き込み・ローラー作戦を進め、事件の発生時期と事件の発覚時期に開きがあり、現場の客観的な物証が少ないなどの困難を克服して、大量の困難で入念な捜査活動を展開した。現在、容疑者呂月庭(男、36歳、河北省井陘県出身、天洋食品廠元臨時社員)が、天洋食品廠の給与待遇と個別の社員への不満から、腹いせのためにギョーザに毒物を入れたことが明らかになった。呂容疑者は毒物混入を認めている。公安機関はすでに、呂容疑者が事件に使った注射器を押収するとともに、多くの証人からの証言も集めている。

    現在、この事件はさらに処理中。    (北京3月26日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]