トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
王毅氏 谷垣自民党総裁と会見

    日本を訪問している中国の王毅・国務院台湾事務弁公室主任は19日午前、谷垣禎一自民党総裁と会見し、両岸関係の現状と大陸側の台湾政策を紹介した。

    王主任は次のように述べた。自民党は長年政権を担当し、台湾問題の複雑さと敏感さを十分に理解しており、「中日共同声明」にうたわれた台湾問題の原則を引き続き堅持し、両岸関係の平和的発展を支持するよう希望する。

    谷垣総裁は次のように述べた。このところの両岸関係の改善と発展を喜び、うれしく思っている。両岸関係の改善は台湾海峡情勢の安定をもたらし、それは当然、日本の利益にも合致する。自民党は「日中共同声明」でうたわれた原則を引き続き堅持し、両岸が平和的手段で問題を解決することを期待している。両岸関係の平和的発展の良好な勢いが続いていることを喜び、またそのために積極的な役割を果たしたい。    (東京3月19日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]