トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
鳩山首相 唐家セン氏と会見

    日本の鳩山由紀夫首相は11日、首相官邸で、中日友好協会名誉顧問で中日友好21世紀委員会中国側首席委員(座長)の唐家セン(おうへんに旋)氏と会見した。

    鳩山首相は次のように述べた。日中関係は良好に発展している。両国が共に努力し、未来志向で日中の戦略的互恵関係を絶えず強化することを希望する。双方がハイレベルの交流を絶えず強め、実務協力を深め、青少年交流などの人文(人と文化)交流を深め、日中両国の友好を子々孫々にわたって続けることを希望する。中日友好協会、中日友好21世紀委員会がそのために重要な貢献をすることを希望する。

    唐氏は次のように述べた。現在、中日関係は発展の得がたい好機を迎えている。双方が有利な時機をしっかりとらえ、国際的、地域的枠組みの大きな変革・調整という新たな情勢に目を向け、両国間の戦略的互恵関係で新たな発展を収めるようにすることを希望する。両国はハイレベル交流を続け、政治面の相互信頼を絶えず強めなければならない。持続可能な発展を目標にし、新たな協力の焦点を作るべきだ。両国の友好交流の伝統的優位性を生かし、人文交流を根気よく進め、上海万博をその場として利用し、両国の民間友好の新たな高まりを起こさなければならない。地域的、国際的実務における協力を強化し、さまざまな世界的挑戦(試練)に対応するため共に力を尽くし、両国と世界の人民の幸福をはかるようにすべきだ。中日友好協会と第5期中日友好21世紀委員会の双方委員は中日関係の発展を促進するため積極的に努力し、両国政府と人民の重い負託にこたえる。

    唐家セン氏は日中友好7団体の招きで10日から日本を友好訪問している。同夜、岡田克也外相も唐氏と会見した。

    (東京3月11日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]