トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相 中日友好21世紀委の委員と会見

    温家宝首相は8日、中南海紫光閣で、第5期中日友好21世紀委員会の初会合に出席した双方の委員と会見した。

    「春到瑞雪迎、賓朋斉聚自東瀛、世代伝友情」(春到りて瑞雪を迎え、賓朋東瀛〈日本をさす〉より斉聚し、世代の友情を伝える)。温首相は次のように述べた。この漢俳(漢字俳句)を詠んで、自分の気持ちを表した。中日友好の基礎は人民にあり、希望と未来も人民にある。双方は歴史を鑑とし、未来に向かい、アジアと世界の大局から、問題を扱い、処理し、交流と協力を強化し、相互理解と信頼を増進して、両国人民をより近づけ、中日関係をますますよくしていかなければならない。中日友好21世紀委員会は両国間の架け橋で、両国の人民の感情をつなぐ紐帯でもある。新しい委員会の活動は好スタートを切っており、双方の共同の努力の下、将来必ず大きな実を結ぶものと信じている。

    日本側の委員は次のように述べた。現在中日関係が改善と発展のよい基調を示していることは喜ばしい。両国がハイレベルでの往来を保ち、人と文化の交流を強化し、友情と協力を増進するよう希望する。日本側は、中国側と一致協力して、中日友好事業に貢献することを願っている。

    会見には唐家セン(おうへんに旋)中国側首席委員(座長)が同席した。    (北京2月8日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]