トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
第5期中日友好21世紀委の初会合続開

    第5期中日友好21世紀委員会の初会合は8日、引き続き北京で開催され、唐家セン(おうへんに旋)中国側首席委員(座長)と西室泰三日本側首席委員が共同議長を務めた。双方は友好的で率直な雰囲気の中、国際構造の変化と中日関係、国際・地域経済の大きなすう勢と中日協力、中日の世論の変化と国民感情などの議題について熱のこもった、突っ込んだ討論を行い、多くの有益な見解と提案を示した。

    一、中国の発展について。中国側は、中国の平和的発展の道について説明し、調和したアジアと調和した世界建設のために力を尽くしていることを強調した。双方は次のように確認した。中国の発展は日本を含む世界各国にとってチャンスであり、中日関係発展のより広い余地を開くだろう。

    二、それぞれの相手側に対する政策について。中国側は鳩山内閣が中日関係とアジアを重視していることを高く評価した。双方は次のように確認した。中日関係における両国政府の政策の方向は基本的に一致しており、政治的相互信頼の増進、両国関係の全面的な発展に有益である。

    三、アジアの一体化について。双方は次のように確認した。アジアの一体化の加速では中日の緊密な協力がカギとなる。両国はそれぞれの長期的な発展とアジア全体の利益から出発して、対話、協調、協力を強化すべきである。

    四、両国の国民感情について。双方は次のように確認した。両国の国民感情はいくらか改善されたが、基礎は依然として脆弱であり、両国市民間の友好的感情の増進は長期的で重要な課題である。双方はたえず投入を増やし、琴線に触れる方法と言葉で、粘り強く人と文化の交流を続け、教育、観光、メディア、民間および青少年の往来を促進していくべきである。

    会合の後、双方の委員は共同記者会見を行った。    (北京2月8日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]