トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
第5期中日友好21世紀委第1回会議開く 両国首相が祝賀書簡

    第5期中日友好21世紀委員会の第1回会議が7日、北京・釣魚台国賓館で始まった。温家宝首相と鳩山由紀夫首相がそれぞれ祝賀書簡を寄せた。中国側首席委員の唐家セン(王+旋)元国務委員、日本側首席委員の西室泰三東京証券取引所会長がそれぞれ代表団を率いて会議に出席している。

    温首相は祝賀書簡の中で次のように述べている。今世紀の当初10年間、中日関係は曲折し、でこぼこした道を経て、戦略的互恵関係の目標に向けて重要な一歩を踏み出した。成果はたやすく得られるものではなく、潮流は押しとどめることができない。複雑に錯綜した国際情勢と多くの厳しい挑戦(試練)に対し、双方は大所高所から考え、相互信頼を増進し、各分野の対話・協力を確固として揺るぎなく推進しなければならない。これは両国のそれぞれの発展とアジアの振興に役立つだけでなく、世界の政治、経済の枠組みにプラスの深い影響を与えるだろう。中日友好21世紀委員会は両国間の架け橋であるだけでなく、政治と社会を結ぶ紐帯でもある。現在、中日関係の発展にとってカギとなる時期にあり、双方の委員が誠実に協力し、人々の知恵をより一層集め、良策を提案し、具体的なことを行い、中日の子々孫々にわたる友好と共同の繁栄をはかるため新たに貢献することを希望する。

    鳩山首相は祝賀書簡の中で次のように述べている。日本と中国は共にアジアの重要な国であり、双方は両国関係をアジアと世界の視野の中で考え、相互理解と協力を強め、日中の戦略的互恵関係を全面的に構築しなければならない。双方の委員が未来に目を向け、十分意見を交換して、日中関係の長期的発展をはかるため積極的に提言、献策することを希望する。

    唐、西室両氏が開幕式でそれぞれ基調報告を行った。

    唐氏は次のように述べた。戦後の中日関係の平凡ならざる発展過程を振り返ると、三つの重要な啓示がある。1、中日友好の大方向を常に堅持する。トウ(登+おおざと)小平氏が生前述べたように、中日は永遠に友好を続けるべきで、これはわれわれの間のあらゆる問題の重要性を超越するものである。2、中日間の四つの政治文書の原則と精神に基づき、相手方の中核的利害と重大な関心を互いに尊重し、大局に目を向け、問題と意見の相違を冷静、慎重、適切に処理しなければならない。3、相手方の発展を客観的に認識、対処し、互いに正しい位置づけをする。中日両国は互いに協力パートナーであり、互いに脅威となることがなく、相手方の平和的発展を相互に支持しなければならない。

    唐氏はまた次のように述べた。中日両国は共に絶えず発展、変化し、国際的、地域的枠組みに大きな変革と大きな調整がみられ、中日関係に重要なチャンスがもたらされている。中国経済の良好な発展見通しは中日経済貿易協力に新たなより大きな余地をもたらすだろう。日本の新政権はアジアと中日関係を重視しており、中日関係のより大きな発展に役立つ。アジア地域協力は急速に深まっており、東アジアは世界で発展が最も速い地域の一つであり、中日は手を携えてアジア統合を推進し、アジアの振興を共同ではかる重要なチャンスを迎えている。ポスト金融危機時代の新たな国際経済のタイプ転換の中で、中日の経済は優位性によって互いに補完しており、協力の潜在力は非常に大きい。

    唐氏は同時に次のように指摘した。中日関係は依然として軽視できない問題と挑戦に直面している。両国の政治面の相互信頼の一層の向上が待たれ、国民感情の一層の改善が待たれ、一部の敏感な問題を適切にとらえ、処理する必要がある。

    唐氏は次のように強調した。新たな情勢の下、変化に適応し、チャンスをとらえ、消極的要素を抑え、積極的要素を拡大し、中日の戦略的互恵関係のレベルアップをはかり、中日関係のより大きな発展をはかることが中日双方の共通の目標である。

    唐氏は次のように提案した。1、戦略的相互信頼を確実に育てる。今年の両国指導者の相互訪問を積極的に推し進め、政府、政党、議会、防衛など各分野の交流・対話を一層強化する。2、中日経済貿易関係のタイプ転換・高度化を大いに推進する。新しい考え方を確立し、新たな分野を探り、新たな空間を開拓し、持続可能な発展を重点とし、エネルギー環境、グリーン低炭素、ハイテクなどの分野の協力を強め、互恵・ウィンウィン(共に勝者になる)を実現する。3、人文(人と文化)交流を絶えず拡大し、国民感情の改善に力を入れる。仕組みを一層整え、資金投入を増やし、根気良く続けなければならない。上海万博を契機とし、両国の人文交流の新たな高まりを盛り上げる。4、アジアを主要な舞台として、国際的、地域的問題における協調と協力を強める。地域金融協力とアジア債券市場、インフラ施設ネット化の整備を共同で進め、中日韓自由貿易圏の産学研協同研究を促進する。

    西室氏は次のように述べた。日本は中国の急速な発展と地域的、国際的問題で重要な役割を果たしていることを非常に重視している。日中両国は共に重要な国であり、双方は幅広い分野で交流と協力を強化し、互いに参考にし、互恵をはかり、共同で発展しなければならない。

    また西室氏は次のように提案した。1、政策面の意思疎通と対話を維持し、政治面の相互信頼を増進する。2、貿易自由化を推進し、エネルギー、環境保護、気候変動対応などの分野で新たな協力を育てる。3、民間と人文の交流を奨励し、相手側を熟知し、理解する人材を数多く養成する。4、手を携えてアジア地域協力を促進し、世界の平和、調和およびグローバル経済のバランスと持続可能な発展をはかる。

    開幕式に続いて会議は第1段階に入り、双方の委員は国際的枠組みの変化や中日関係などの議題をめぐって深い討議を行った。

    中日友好21世紀委員会は両国政府の諮問機関で、1984年に設立された。両国各界の著名人で構成され、両国人民の友好交流・協力を促し、中日関係の改善・発展を推進するうえで、積極的役割を果たしている。第5期委員会は昨年11月に発足した。今会議は会期3日で、双方は国際的枠組み変化と中日関係、国際地域経済の大きなすう勢と中日協力、中日の社会世論の変化と両国の国民感情などの議題をめぐって討議する。    (北京2月7日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]