トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
楊潔チ外交部長 東京で岡田克也外相と会見

    東京で第4回東アジア・ラテンアメリカ協力フォーラム(FEALAC)外相会合に出席している中国の楊潔チ(竹かんむり+褫のつくり)外交部長は17日、日本の岡田克也外相と会見した。

    岡田外相との会見で、楊部長は次のように述べた。日本の政権交代後、両国指導者は何度も会談し、中日の戦略的互恵関係を深めることについて一連の共通認識(コンセンサス)に達した。中国は日本と共に、両国指導者の共通認識の精神に従い、有利な時機をとらえ、戦略的互恵関係の新たな発展をはかることを願っている。双方はハイレベルの交流を続け、両国関係の発展に常に新たな原動力を注入すべきだ。財政、金融、マクロ経済政策について対話と協調を強め、金融危機後の世界経済発展の潮流に目を向け、グリーン経済などの分野の協力を強め、世界経済の回復をはからなければならない。上海万博を契機とし、両国の人文(人と文化)交流を推進すべきだ。金融危機や気候変動への対応など重大な国際問題で協力を続けなければならない。

    岡田外相は次のように述べた。日本政府は引き続き日中の戦略的互恵関係の持続的、安定的発展の推進に尽力する。中国と共に両国のハイレベル相互訪問を続け、日中ハイレベル経済対話・協力を推進し、上海万博に積極的に参加し、気候変動対応などの問題で意思疎通と協調を強化することを願っている。    (東京1月17日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]