トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
温家宝首相 英独日首相と会見

    温家宝首相は17日、コペンハーゲンで英国のブラウン首相、ドイツのメルケル首相、日本の鳩山由紀夫首相と個別に会見した。

    温首相は次のように述べた。近年、多くの先進国は量的排出削減指標を提示し、一部の発展途上国も自主的排出削減目標を提示した。これまでになかったことで、気候変動対応の国際協力がさらに進展したことを示している。コペンハーゲン会議は最後の正念場を迎えており、各国は共通認識(コンセンサス)を固め、小異を残して大同につき、未来志向で、世界の人民に自信と希望を与えるようにしなければならない。

    温首相は次のように指摘した。気候変動対応のカギは「共通だが差異ある責任」の原則を堅持することにある。各国は互いに邪推、勘ぐり、さらには対立するのではなく、自らの約束を確実に果たし、相互信頼を増進しなければならない。中国は従来から言ったことは必ず守り、やるからには断固としてやり遂げており、われわれはあらゆる困難を乗り越え、温室効果ガス排出抑制の目標実現のために努力する。われわれの活動は公開・透明であるだけでなく、国内の法律と世論の監督を受けている。中国は情報公開の面で国際的交流、対話、協力を願っている。

    ブラウン、メルケル、鳩山各首相は中国の気候変動対応への努力を積極的に評価するとともに、コペンハーゲン会議の交渉に対する考えを説明し、中国との協力を強めて、会議の成果を目指したいと表明した。

    同夜、温首相はデンマーク女王マルグレーテ2世が各国首脳のために開いた歓迎宴に出席した。

(コペンハーゲン12月17日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]