トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛総書記,日本の民主党代表団と会見
2009/12/11

    胡錦涛中国共産党総書記・国家主席は10日午後、北京の人民大会堂で小沢一郎幹事長を団長とする日本の民主党代表団の役員と会見した。

    胡総書記は次のように述べた。今年9月、民主党が政権に就いてから、中日双方は互いに積極的に働きかけ、両国関係の穏やかな移行を実現した。私と鳩山首相は新たな情勢の下、中日の戦略的互恵関係を一層発展させることについて重要な共通認識(コンセンサス)に達し、中日関係を新たな段階に進めた。中国は日本と手を携えて努力し、両国間の四つの政治文書の原則と精神に従って、各分野、各レベルの交流・協力を一層緊密にし、両国間の重大で敏感な問題を適切に処理し、各種のグローバルな挑戦(試練)に共同で対応し、中日の戦略的互恵関係を一層高いレベル、一層広い分野へと発展させることを願っている。

    胡総書記はまた、次のように表明した。中国共産党は民主党との友好交流を重視しており、民主党と共に両党の交流の仕組みを整え、これを両国与党の対話、相互信頼増進、協力促進、発展模索の重要なプラットホームにして、中日の戦略的互恵関係の長期的で健全な深い発展のために貢献することを願っている。

    小沢幹事長は中国が経済・社会発展で新たな成果を収めていることと国際問題で中国が重要かつ建設的役割を果たしていることを高く評価するとともに、次のように述べた。大きく変化している国際、地域情勢によって両国が各分野の友好協力を深めるための広い展望が開かれた。民主党は日中関係の全面的発展を一貫して自らの務めとしており、今後も両党交流の仕組みを土台にして、中国側との協力を強化し、日中の戦略的互恵関係を新たな段階に進めるため努力したい。

    会見に先立ち、胡総書記は代表団の140人余りの国会議員および「長城計画」友好使節団の500人近いメンバーと記念写真を撮った。

    会見には王家瑞党中央対外連絡部部長、陸昊・共産主義青年団(共青団)中央書記処第一書記が同席した。

    (北京12月10日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]