トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李克強副首相 緒方貞子JICA理事長と会見

    李克強副首相は3日、北京の中南海・紫光閣で日本国際協力機構(JICA)の緒方貞子理事長と会見した。

    李副首相は次のように述べた。中日の友好・互恵協力は両国人民の根本的利益にかなっている。双方の共同の努力で、中日関係は戦略的互恵関係を全面的に構築する新たな段階に入った。双方は両国関係発展の正しい方向をしっかりつかみ、互いの重大な利益と関心事を尊重し、それに配慮し、実務協力の度合いを強め、両国人民の相互理解を増進して、中日関係の長期的な健全で安定した発展をはからなければならない。

    また李副首相は次のように指摘した。中日国交正常化以来、両国政府はJICAを通じて積極的効果的な協力を進め、二国間関係の発展を促してきた。双方が既存の仕組みに依拠し、協力の分野を広げ、頭脳資源協力の潜在力を掘り起こし、両国の科学技術関係者と青少年の交流を一層拡大することを希望する。

    緒方理事長は日本の対中政府開発援助の原則、重点、政策調整について説明し、JICAと中国との協力を引き続き推進することを願っていると表明した。

    会見には中国人民政治協商会議(政協)全国委副主席で科学技術相の万鋼氏らが同席した。

(北京12月3日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]