トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
習近平国家副主席 09年度日本国際貿易促進協会訪中団と会見

    習近平国家副主席は2日、北京の人民大会堂で、河野洋平日本国際貿易促進協会会長・前衆議院議長を団長とする「2009年度日本国際貿易促進協会訪中団」の一行と会見した。

    習副主席は次のように述べた。日本国際貿易促進協会は日本の主要な対中経済組織である。双方の各界関係者がチャンスを逃さず、共に努力して、両国の指導者による共通認識を確実に実行に移し、経済面での相互補完の強みを十分に生かして、中日の戦略的互恵関係の発展のために強固な基礎を築くことを希望する。

    また習副主席は、日本の経済界が中日経済交流を促進し、両国の経済貿易関係の健全で安定した発展を後押しするために貢献してきたことを高く評価し、次のように述べた。中日両国は重要な経済貿易協力パートナーであり、非常に大きな発展の可能性を秘めている。アジアと世界の主要な経済体である両国は手を携えて努力し、国際金融危機に適切に対処し、世界の金融と経済の安定を守るため、ともに貢献すべきである。

    河野会長は次のように述べた。日本の政界と財界は日中関係を重視している。日本の経済界は引き続き中国側と協力し、双方の経済発展における環境、エネルギーなどの問題を共同で解決し、両国の指導者による共通認識を積極的に実行に移し、国際実務の面で積極的に協力し、二国間関係の強化と発展のために新たな貢献をすることを願っている。

    2009年度日本国際貿易促進協会訪中団は、中国国際貿易促進委員会の招きで中国を訪れたもの。会見には万季飛中国国際貿易促進委員会会長、陳健商務次官、胡正躍外務次官補らが同席した。

(北京12月2日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]