トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
鳩山首相 梁光烈中国国務委員兼国防相と会見

    鳩山由紀夫首相は27日東京で、日本を公式友好訪問中の中国の国務委員兼国防相梁光烈大将と会見した。

    鳩山首相は梁大将に歓迎の意を表した後、次のように述べた。短期間内の中国外相、国防相の相次ぐ訪日は、両国が二国間関係の強化に尽力していることをよく現している。首相就任から2カ月しか経たないが、すでに胡錦涛主席、温家宝首相と何度も会い、両国の距離はずっと近くなった。経済分野だけでなく、防衛などの分野でも協力を強めることは、両国関係の深まりに役立ち、アジアひいては世界の平和と安定にも役立つだろう。

    梁大将は次のように述べた。中国側は引き続き中日友好政策をとり、日本側と共に両国の平和共存、子々孫々の友好、互恵協力、共同の発展の大目標実現のために力を尽くしていく。中国側は両国の防衛関係の発展に積極的姿勢をとっており、双方が引き続き努力して、人的往来を拡大し、安全保障の相互信頼を増進し、実務交流を深めて、中日の戦略的互恵関係を持続的、全面的に、深く発展させていくよう希望する。

    梁大将は温家宝首相からのあいさつと祝福を伝えた。鳩山首相はこれに感謝し、温家宝首相へのあいさつを託した。

    同日、梁光烈国務委員兼国防相は北沢俊美防衛大臣と会談を行った。双方はアジア太平洋地域の安全保障、二国間関係、それぞれの防衛政策その他共に関心をもつ問題について意見を交換した。会談後、双方は共同プレス発表を行うほか、共同記者会見に臨んだ。

    梁大将は北沢大臣の招きで、26日東京に到着、5日間の公式友好訪問を始めたもの。会談に先立ち、北沢大臣は梁大将の歓迎式を催した。

    これらには中国人民解放軍の黄献中瀋陽軍区政治委員、馮兆挙済南軍区副司令員、徐洪猛南京軍区副司令員兼海軍東海艦隊司令員、江建曽南京軍区副司令員兼軍区空軍司令員および崔天凱駐日中国大使が同席、参列した。

(東京11月27日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]