トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
楊潔チ外相 鳩山首相と会見

    楊潔チ(たけかんむりに褫のつくり)外相は20日東京で、日本の鳩山由紀夫首相と会見した。

    楊外相は次のように述べた。日本の新内閣発足後、両国の指導者は相次いで成功裏に会談を行い、中日の戦略的互恵関係をさらに深めることについて重要な共通認識を得た。現在、両国の政治的相互信頼はめだって強まり、各分野での交流と協力は絶えず進展をみせている。中国側は日本側とともに、現在の有利な時機を逃さず、両国関係に対する戦略的投入を一段と増やし、二国間協力とハイレベルでの往来を深め、アジアにおける協力を広げ、国際問題における協調を増進し、両国の戦略的互恵関係をさらに深めていきたい。

    楊外相は東アジアの協力強化についての見方と主張を説明し、次のように表明した。中国は中日韓自由貿易圏建設と3カ国の持続可能な発展に関する協力を日本、韓国と共同で推進したいと考えている。東アジア共同体の構築は、中日を含む地域各国の共通の目標であり、両国はともに努力し、優位性を相互に補完し、互恵・ウィンウィンを目指し、アジアの平和、発展、繁栄を推進するためにより大きく貢献すべきである。

    鳩山首相は次のように述べた。首相に就任してからの2カ月、胡錦涛国家主席、温家宝首相と会見、会談する機会が何度もあり、日中の戦略的互恵関係をさらに強化し、実行に移していくことで一致している。日中間の頻繁なハイレベルの往来は、両国関係の発展を促進するうえで重要な意義があり、両国がこの基調を維持するよう希望する。来年の上海万博参加を楽しみにしている。

    また鳩山首相は次のように述べた。日中が各分野での実務協力を一段と発展させ、両国の友好の絆を強め、緊密な経済・貿易関係を築き、互恵・ウィンウィンを実現するよう希望する。日本としては友愛精神に基づいて、東アジアとアジアの協力を推進し、各国とともに東アジア共同体を構築し、地域と世界の平和と発展を促進したい。

    楊外相は同日、日本共産党の志位和夫委員長、自民党の大島理森幹事長と林芳正参議院議員、公明党の山口那津男代表、民主党の小沢一郎幹事長、社民党の福島瑞穂代表、国民新党の亀井静香党首と相継いで会見したほか、御手洗富士夫経団連会長が主催した朝食会と日中友好7団体の歓迎昼食会に出席した。

    これらの活動には崔天凱駐日中国大使が同席した。

(東京11月20日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]