トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
楊潔チ外相 日本の衆参両院議長と会見

    中国の楊潔チ(たけかんむりに褫のつくり)外相は19日、東京で日本の横路孝弘衆議院議長、江田五月参議院議長と個別に会見した。

    楊外相はまず呉邦国全国人民代表大会(全人代)常務委員長からの両議長へのあいさつを伝えた。楊外相は中日関係を積極的に評価し、次のように指摘した。日本の新内閣発足以来、両国指導者は連続して会談し、成功を収め、戦略的互恵関係を引き続き深めることで重要な共通認識(コンセンサス)を得た。両国関係は好スタートを切り、新たな発展のチャンスを迎えている。今回の訪問は主に日本側と新たな情勢下でいかにして両国関係発展の新局面を切り開くかを共同で探ることが目的で、日本政府、国会、与野党、各界の人々と共に、現在の有利な時機をとらえ、中日の戦略的互恵関係を一層大きく発展させることを願っている。

    また楊外相は次のように述べた。来年5月に開幕する上海万博は、中国と日本を含む世界各国人民との友好交流を増進する重要なチャンスをもたらすだろう。日本の国会には上海万博を支援する超党派の議員連盟が特別に設立され、中国に協力し、これを支援しており、感謝の意を表したい。中国は日本と共に上海万博という契機を十分に生かして、中日の人文(人と文化)交流で新たな進展がみられるようにすることを願っている。

    両議長は次のように表明した。日本の新内閣発足以来、日中のハイレベル交流が盛んで、両国間の戦略的互恵関係は新たな成果を収めている。両国議会間の交流が緊密で、中国全人代と日本国会の定期交流の仕組みが一層固められている。両国は二国間の問題に限らず、地域、国際問題や地球規模の問題について緊密に協力し、戦略的互恵関係を一層よく築かなければならない。立法機関の交流維持・強化は両国関係の発展に重要な意義がある。日本の国会としても両国関係の一層の発展のために全力で貢献したい。日本の各界は現在、上海万博に向けて準備しており、この大イベントに積極的に参加することを願い、上海万博が大きな成功を収めることを願っている。

    会見には崔天凱駐日中国大使が同席した。

(東京11月19日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]