トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
鳩山首相 王家瑞氏一行と会見

    日本の鳩山由紀夫首相・民主党代表は11日午前東京で、王家瑞党中央対外連絡部長の率いる中国共産党代表団と会見した。

    鳩山首相は両国の与党交流協議機構会議が積極的成果をあげたことを祝った後、次のように述べた。日本の新政権はアジア外交を非常に重視しており、「歴史を直視し、未来に向かう」精神で日中の戦略的互恵関係を全面的に発展させることは、私の揺るぎない政治信念だ。大きく変化する内外の情勢は、地球規模の気候変動への対応、省エネルギーと排出削減の実現などの分野で両国が実務協力を進める可能性を広げている。両国の与党が交流を強化することで、日中の友好協力に新たな歴史を刻む力強い支えとしたい。

    王部長はさらに、質問に応じて中国の当面の経済情勢と国際および地域問題への見解を簡単に紹介した。会見には崔天凱駐日中国大使と代表団の主要メンバーが同席した。

    王部長は訪日中、代表団を率いて東京で開催された中国共産党と民主党の交流協議機構第3回会議に出席した。

(東京11月11日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]