トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
鳩山日本首相 李肇星氏と会見

    日本の鳩山由紀夫首相は21日午後、首相官邸で、全国人民代表大会(全人代)外事委員会主任委員・中国人民外交学会名誉会長の李肇星氏および第3回「中日関係シンポジウム」に出席した中国側代表団の主要メンバーと会見した。

    鳩山首相は、中国人民外交学会と世界平和研究所が共催した「中日関係シンポジウム」の成功を祝い、双方の有識者が両国関係について率直に意見を交換し、積極的に提言するのは、日中関係の健全で安定した発展にとって大変よいことだと述べた。

    また鳩山首相は次のように述べた。日本の政府と国民は中国との友好関係を望んでいる。日本側は日中の戦略的互恵関係の全面的構築のために力を尽くしており、中国側とさまざまなレベルでの往来を保ち、経済・貿易など各分野の実務協力を深め、人と文化の交流を促進し、両国の国民感情を改善し、アジアの協力を強化していきたい。

    李肇星主任委員は、日本の新内閣発足後、中日双方の積極的相互作用によって、両国関係の発展は順調であると強調、日本側とともに、中日の戦略的互恵関係をさらに大きく発展させたいと表明した。

    双方は東アジアの協力、朝鮮半島情勢、省エネと環境保護、気候変動など共に関心をもつ問題について意見を交換した。

    会見には楊文昌中国人民外交学会会長、崔天凱駐日中国大使らが同席した。

    第3回「中日関係シンポジウム」は20日と21日東京で開催された。出席した専門家、学者らは北東アジアの安全保障協力、世界的金融危機下での中日経済協力などの問題について突っ込んだ討論を行った。

(東京10月21日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]