トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛主席,李明博大統領,鳩山由紀夫首相と会見

    胡錦涛国家主席は10月10日午後、釣魚台国賓館で、第2回中日韓首脳会議に出席した韓国の李明博大統領、日本の鳩山由紀夫首相と会見した。

    胡錦涛主席は中韓関係、中日関係を積極的に評価、次のように述べた。いま中韓関係、中日関係はよい発展基調を維持している。中韓は戦略的協力パートナーシップを積極的に発展させつつあり、両国の各分野の実務協力は一段と拡大している。中日はいま両国の戦略的互恵関係を築き、各分野の交流・協力を推進している。中国は韓国、日本と共に努力して、相互間の共通認識(合意事項)を引き続きしっかり実行に移し、中韓の戦略的協力パートナーシップと中日の戦略的互恵関係の深く、健全で、安定し発展を促進することを願っている。

    胡錦涛主席は第2回中日韓首脳会議の成功に祝意を表し、次のように述べた。中日韓3カ国は歴史のチャンスを逃さず、3カ国協力の経験を生かして、戦略的相互信頼を一段と強固にし、お互いの重大な利益と関心事を尊重し、それに配慮して、互恵・ウインウイン、共同の発展の実現のためにたゆまず努力すべきである。東アジアの地域協力を一段と推進し、地域のホットな問題やさまざまな地球規模の挑戦に共同で対応し、東アジア地域の平和、協力と発展の新局面を開くよう努力すべきである。

    李明博大統領は第2回中日韓首脳会議の成功を祝った後、次のように述べた。共同の努力の下で、この10年間、3カ国協力は急速に発展し、極めて大きい成果を収めた。世界の景気後退下で、中国経済は安定化(下げ止まり)回復し、韓日の景気回復において積極的役割を果たした。李大統領は胡錦涛主席が国連気候変動サミットで行った重要な演説を高く評価、中国は朝鮮半島の非核化推進、6カ国協議再開に重要な貢献をしており、これを称賛したいと述べた。

    鳩山首相は、中華人民共和国成立60周年に祝意を表し、中国が大きな成果を収めたことを心から喜んでいると述べた。また日本政府としては、歴史を鑑とする、未来志向の精神にのっとり、中国と緊密に協力して、日中関係を共同で発展させたいと表明した。さらに今回の首脳会議が成功し、3カ国の協力で重要な進展がみられたことに満足の意を表すとともに、中日韓3国が互いに尊重し、長短相補って、3カ国の協力を一層大きく進展させるよう希望した。

    会見には戴秉国国務委員、楊潔チ(たけかんむりに褫のつくり)外相が同席した。



[Suggest To A Friend]
       [Print]