トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
崔天凱大使,民主党の鳩山代表と会見
2009/09/05

                                                     

    崔天凱大使4日、民主党本部で鳩山由紀夫代表と会見し、新しい情勢のもとで中日関係を発展させることについて意見を交換した。

    崔大使は先ごろ行われた衆議院選挙で民主党が勝利を収めたことに祝意を表し、民主党と鳩山氏が長期にわたり対中関係の発展に貢献していることを高く評価した。また次のように強調した。胡錦涛主席が訪日した昨年5月、両国の指導者は「戦略的互恵関係」の包括的推進に関する中日共同声明を発表して、「互いに協力のパートナーであり、互いに脅威とならない」と強調し、「互いの平和的な発展を支持する」と強調した。このことを踏まえて、両国関係や地域・国際問題での協調と協力を強化し、両国関係が新しい情勢のもとでも絶えず発展するよう今後も日本側と共に努力していきたい。

    鳩山氏は民主党の勝利に対する中国側の祝意に感謝し、次のように表明した。民主党も私自身も、中国と緊密な交流を保ってきた。民主党はアジア外交を重視している。中国の平和的発展を歓迎しており、日中の戦略的互恵関係の推進を支持している。今後も中国側との政治面の相互信頼を深め、実務協力を拡大し、地域・国際問題での協調を強化していきたい。また、新しい情勢のもとで、日中関係はより好い方向に発展していくだろう。そのことに私は自信を持っていると述べた。

                                                                                                                                              (東京9月4日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]