トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
四川地震被災地の高校生が訪日

    中日両国の青年の友好を増進するため、日本外務省の委託を受け、日中友好協会が招いた四川地震被災地の高校生100人は先ごろ、1週間の交流訪問を開始した。

    訪問期間中、一行は東京で外務省を訪問し、東京の高校を見学する。その後は2組に分かれ、青森と秋田を訪問し、現地の生活を体験し、生徒との交流を行う。

    24日の歓迎レセプションで、代表団の団長を務める李卓明さんは次のように述べた。昨年の中国ブン川(ぶんせん)=ブンはさんずい+文=大地震の救助作業において、国際社会は援助の手を差し伸べてくれ、日本は最初に被災地に救援チームを派遣した。四川の被災地の人民は永遠に日本政府と日本国民の援助を忘れないだろう。

    また李団長は次のように述べた。われわれ四川の高校生は「一休さん」や「鉄腕アトム」などの漫画を通じて日本を理解したが、今回の訪問ではこれまでに皇居、浅草寺、東京タワー、科学未来館などを見学し、歴史、文化、科学技術、社会など、さまざまな分野で日本への理解を深めた。

    兵庫県立三木北高校の森田香菜美さんは次のように述べた。私は昨年、地震の発生前に中国を訪れ、日本に帰ってから地震の発生を知った。とても悲しくなり、三木市の関係機関に寄付金を集めることを提唱し、半年間の活動を続けた。両国人民の友好を通じて、中日両国の将来の関係はより素晴らしいものになると信じている。

    レセプションにおいて、兵庫県の高校生代表は四川被災地への祝福と関心を表し、一日も早い復興を祈って、中国代表団のメンバーに手作りの千羽鶴と15万円の寄付金を渡した。

    今年のミス日本グランプリに選ばれた宮田麻里乃さんとミス着物に選ばれた松本蘭さんが特別ゲストとしてレセプションに招待された。また四川の高校生はチャン族の歌舞を披露し、日本側の歓迎に感謝した。

    今回の高校生の訪問は、中日21世紀青年交流プログラムの一環として行われた。両国政府の決定に基づき、2011年までに、中日両国で年間4000人の相互訪問を行うことになっている。    (東京8月24日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]