トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
上海万博マスコット「海宝」を愛知に贈呈 王岐山副首相が出席

    王岐山副首相は東京で第2回中日ハイレベル経済対話に出席した後、9日愛知県を訪れ、2010年上海万博のマスコット「海宝」を愛知万博の記念公園に贈る式典に出席するとともに、愛知万博の状況を聞き、上海万博を宣伝、紹介した。

    愛知万博の記念館前で、王副首相と愛知県の神田真秋知事が一緒に「海宝」の塑像の除幕式を行った。続いて王副首相は神田知事の案内で記念公園の施設を視察した。また関係方面の責任者と愛知万博の計画準備や運営管理、展示施設の後利用などについて懇談し、交流した。

    王副首相は次のように述べた。日本は万博を2回開催し、経験が豊富だ。今回愛知県を訪れたのも日本の成功例を聞き、参考にすることを希望しているためで、上海万博を日本の人たちに宣伝、紹介するためでもある。2010年上海万博は世界的なイベントであり、われわれは万博を成功させ、精彩を放つ、忘れがたいものにし、中国とアジアおよび世界各国の人々を結び付ける意思疎通、理解、協力の橋をかけ、「生活をより素晴らしく」という願いを実現するため努力する。2010年に上海に集まり、共に万博を開催し、大イベントを楽しもう。

    神田知事は次のように述べた。王副首相の熱のこもった宣伝と紹介は、日本の各界に上海万博への大きな期待を持たせた。日中友好の結びつきは愛知と上海の万博を固く結びつけるだろう。上海万博の成功を期待しており、必ず北京五輪と同様に精彩を放つものになると信じている。

    中国の楊潔チ(たけかんむりに褫のつくり)外相、張平・国家発展改革委主任、陳徳銘商務相、崔天凱駐日大使、万季飛中国国際貿易促進委会長・上海万博組織委副主任委員、楊雄・上海市常務副市長・上海万博執行委常務副主任および日本の宮本雄二中国駐在大使らが除幕式に出席し、視察などに同行した。    (東京6月9日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]