トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
梁光烈国防相 古庄元海上幕僚長と会見

    中国の梁光烈国務委員兼国防相は21日、北京で古庄幸一元海上幕僚長を団長とする日本の「中国政治経済懇談会」代表団と会見した。

    梁氏は次のように述べた。近年、双方の共同の努力で、中日関係と防衛交流は大きく進展し、相互信頼が増進して、両国間の戦略的互恵関係の全面的発展のための良好な雰囲気がつくられた。こうした局面はたやすく得られたものではなく、大切にし、守らなければならない。中国は日本と共に努力し、中日間の四つの政治文書の原則と精神を順守し、両国間に存在する問題や意見の食い違いを適切に処理し、引き続き多くのレベル、多くの分野の交流を通じて、相互理解と信頼を増進し、両国関係および防衛関係の健全で安定した発展をはかることを願っている。

    古庄氏は今回の訪問によって中国の発展と変化を身近に感じるだろうと述べた。また古庄氏は、日中両国の近年の防衛交流・協力を高く評価し、両国の若手将官の交流強化によって安全保障面の相互信頼を増進し、日中間の戦略的互恵関係の全面的発展をはかることを希望した。さらに新中国成立60周年に祝意を表した。   (北京5月21日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]