トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
東京で北京との友好都市締結30周年祝賀交流会

    東京都日中友好協会と北京市人民対外友好協会共催の北京・東京友好都市締結30周年祝賀交流会が20日、東京で行われた。両国の出席者は、中日友好の持続的発展のために貢献したいと語っていた。

    東京都日中友好協会の貫洞哲夫会長は席上、次のようにあいさつした。日中両国関係と東京、北京両市の関係は30年間に幾多の曲折を経たが、関係者の努力の下で、双方は困難を乗り越えた。両国、両市の関係を発展させるには民間交流が重要であり、真の民間友好関係を築くには信頼がカギとなる。新中国成立60周年にあたり、今回の活動を通して、両国、両市の関係は一段と発展し、強固になるものと信ずる。

    これに対し、北京市対外友協の張家騏会長は次のようにあいさつした。

    ▽30年間、二つの都市は多彩な交流活動を繰り広げてきた。北京市対外友協と東京都日中友好協会は民間往来を続け、一連の伝統的交流事業を進めて、両市人民の相互理解と友情を深め、中日友好がとどのつまり両国人民の友好であるという理念を示した。

    ▽北京市対外友協は東京各界の人々と共に、友好都市締結30周年を契機に、より幅広い分野で交流・協力を深め、引き続き北京と東京の友好都市関係の安定と発展に、また中日友好事業の発展に一層大きく貢献したいと考えている。

    同日の交流会には北京市対外友協代表団、北京市各区交流団、東京都日中友好協会および日中友好人士数百人が参加した。両国の友好人士と芸術家は歌や踊り、雑技、民間芸能などを披露して、交流会の雰囲気を盛り上げた。

    (東京5月20日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]