トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
張徳江副首相 鳩山総務相と会見

    中国の張徳江副首相は4日午後、北京の中南海紫光閣で、日本の鳩山邦夫総務相一行と会見した。

    張副首相は次のように述べた。現在の中日関係は総じて良好な発展を見せている。中国としては日本とともに努力し、中日の戦略的互恵関係の健全で安定した発展を促進していきたい。長期にわたり、中日両国は通信分野で良好な交流と協力を続け、積極的な成果をあげてきた。近年、中国の通信産業は急速な発展を遂げており、中日両国はこの分野で相互補完性が強く、交流と実務協力をさらに強めていくことは、両国の通信産業の発展を促進するのに役立ち、現在の世界金融危機による衝撃への対応、アジア地域における経済社会の進歩の促進に役立つ。

    鳩山総務相は、通信分野における中国との協力に一層力を入れ、互恵・ウィンウィンを実現したいと述べた。

    会見には李毅中工業情報化相が同席した。    (北京5月4日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]