トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李源潮党中央組織部長 日本共産党理論交流代表団と会見

    李源潮中国共産党中央政治局委員・中央書記処書記・中央組織部長は20日北京で、不破哲三常任幹部会委員・党付属社会科学研究所所長を団長とする日本共産党理論交流代表団一行と会見した。

    李部長は不破氏が中央委員会議長の在任中、両党関係の回復と発展に重要な貢献をしたことを高く評価した後、次のように述べた。両国の政府、政党、各界人士の共同の努力の下、中日関係は全体として良好な発展基調を示している。双方の指導者が中日の戦略的互恵関係の包括的推進について得た一連の重要な共通認識は両国関係発展の明確な方向を示しており、拡大を続ける世界金融危機も両国の各分野の協力を深める新たな余地を与えている。両党が交流を通じて社会主義の理論と実践を絶えず豊富にし、両国関係および人類の進歩的事業の発展に積極的な貢献をするよう希望する。

    不破氏はこれに対し、日本共産党は中国の発展に非常に注目し、中国共産党の指導する偉大な事業が絶えず新たな成果を収めるよう心から期待していると述べた。

    (北京4月20日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]