トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李長春氏,嵐山の周恩来首相詩碑を見学 山田京都府知事と会見

    日本公式友好訪問中の李長春中国共産党中央政治局常務委員は2日、京都を訪れ、嵐山にある周恩来首相の詩碑を見学した。

    今年は詩碑完成30周年にあたり、中日友好事業と詩碑建設に心血を注ぎ、努力した日本の友好人士が嵐山に来て、李氏を迎えた。日本国際貿易促進協会の中田慶雄副会長は周首相が京都で学んでいたことや日本の友好人士が詩碑を建てるまでのいきさつについて説明した。

    続いて李氏は詩碑に献花し、深く頭を下げ、周首相に対する深い哀悼の念を示した。

    そしてその場にいた日本の友好人士に次のように語った。あなた方が常日頃から中日友好事業のために奔走していることに感動している。周首相は生前、中日友好事業に強い関心を寄せ、これを大いに重視し、両国の子々孫々にわたる友好のために心血を注いだ。いま、中日の戦略的互恵関係は良好な発展をみせているが、これは日本の友好人士の強力な後押しと密接不可分であり、また周首相への最良の慰めになる。

    李氏は、京都は歴史上最も早く中国と交流したところであり、2000年余りの中日交流史で重要な位置を占めているとし、京都が新しい時代に引き続き積極的役割を果たし、中日両国の子々孫々にわたる友好をはかる中で先頭を進むよう希望した。

    その場にいた日本の友好人士は李氏の話に感動していた。中田氏は、周首相の遺志を受け継ぎ、今後も努力を続け、中日友好事業を前進させたいと表明した。

    同日、李長春常務委員は京都府の山田啓二知事と会見した。李氏は席上、次のように述べた。

    ▽この数日、日本各界の人々と幅広く接触し、中日友好協力の前途は明るいと強く感じた。中日友好の基礎は大衆にあり、主体は人民である。中日両国関係の未来は青少年にある。各分野の互恵協力と友好交流を一層促進し、特に両国青少年の友好交流を深め、充実させなければならない。

    ▽友好省・県と都市の交流は中日関係の重要な部分で、経済・貿易分野の協力を促し、両国人民の気持ちを結びつける重要な方途の一つになっている。現在、両国間で242組の省・県、都市が友好関係を結んでおり、そのうち京都は11組ある。中日友好は結局、両国人民間の友好である。まさにそうした堅固で、深く厚く、広範な民間の友好の基礎があることで、両国関係は困難を乗り越え、全体的に正しい方向に前進することができるのである。両国の地方政府が優れた伝統を発揚し、交流の形を刷新し、協力のルートを広げ、中日の戦略的互恵関係を加速するためにたえず新たな内容と活力を注ぐよう希望する。

    山田知事と京都府の商工業界、民間団体の代表がそれぞれ中国との交流・協力の状況について説明し、一致して、日中双方が手を携えて努力するなら、必ず両国の各分野の交流と協力を新たな段階に進めることができるとしていた。

    (京都4月2日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]