トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李長春常務委員 中日政党交流の重視と深化を強調

    日本を公式訪問している李長春中国共産党中央政治局常務委員は3月31日午後、自民党の細田博之幹事長、公明党の北側一雄幹事長とともに、「中日与党の交流と協力の一層の強化に関する覚書」の調印式に出席した。

    李常務委員は調印式終了後のあいさつで、次のように述べた。政党間交流、特に与党の交流は中日関係の一大特色で、重要な部分でもあり、長期にわたり、両国関係の健全で安定した発展を推進し、両国人民の相互理解と信頼を増進するうえで重要な役割を果たしてきた。目下、国際的金融危機が広がり続け、世界と地域の情勢は複雑に変化しており、中日関係はすでに両国の戦略的互恵関係を包括的に実行に移し、推進する重要な時期に入っている。

    また李常務委員は次のように述べた。過去の経験が示しているように、両国関係の発展が大事な時期であればあるほど、政党交流は独自の重要な役割を果たせる。中国と日本の政党交流の制度化は、両国の政党と政治家にとって政治対話と政策コミュニケーションのための安定した便利なルートを提供し、また各分野での協力の企画と推進のための堅固で重要な架け橋となっている。

    細田幹事長と北側幹事長は、李常務委員の今回の訪問で得られた重要な成果を高く評価した後、次のように述べた。両国の与党は、両国関係をたえず前進させるうえで特別な責任を負っている。日本の両与党は、中国共産党とともに、両国の民間組織間のさまざまな形式の友好交流を積極的に支持・推進し、両国政府の関係機関が両国指導者による重要な合意を実施するのを積極的に支持・援助し、両国の互恵協力の新たな分野の開拓に努め、日中関係の全面的なレベルアップのために良好な政治的、社会的環境を整えたいと考えている。

    (東京4月1日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]