トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李長春政治局常務委員 日中友好7団体の責任者と会見

    日本公式友好訪問中の李長春中国共産党中央政治局常務委員は31日午前、東京で日中友好協会、日本国際貿易促進協会、日中経済協会、日中協会、日中友好会館、日中友好議員連盟、日本中国文化交流協会の日中友好7団体の責任者と会見した。

    続いて7団体が李氏を歓迎して開いた昼食会に出席し、「同舟相救い、共に難局を克服し、中日の戦略的互恵関係に新たな活力を注ごう」と題するあいさつを行った。

    李常務委員は7団体が長年、両国関係の改善・発展に不可欠の役割を果たしていることを積極的に評価し、また昨年の中国四川の巨大地震に対する見舞いと援助に感謝した後、次のように述べた。双方各界の共同の努力で、中日関係は新たな歴史的スタート地点に立っている。現在の中日関係には三つの大きな特徴がみられる。第一に両国指導者が頻繁に会談し、中日関係を戦略的互恵関係の新たな時期に進めている。第二に中日関係は日増しに二国間の範囲を越え、地域と世界にますます重要な影響を与えている。第三に国際金融危機で中日両国の協力は新たな挑戦(試練)とチャンスを迎えている。危機への共同対応は新たな時期に両国人民の相互支援・信頼を喚起する精神的旗印であり、二国間の経済・貿易水準を高め、中日の戦略的互恵協力の中身を充実させる原動力の源泉である。

    李常務委員は次のように指摘した。両国関係は喜ばしい発展を収めると同時に、長期にわたる健全かつ安定した発展を実現するのはなお任重くして道遠しである。両国民の心理的距離を一層縮め、双方の友好的感情を強め、両国の子々孫々友好の民意を固めることは中日双方が手を携えて努力すべき重要な課題である。各友好団体が引き続き努力し、両国人民、特に若い世代の中日友好に対する認識と理解を深め、中日友好の伝統をますます新たにして、中日友好事業を深く発展させるために新たな努力と貢献をするよう希望する。

    李氏は現在の中国の経済情勢と金融危機対応の積極的措置について説明した。

    7団体の責任者は李氏の訪日に歓迎を表明し、今回の訪問の大きな成果をたたえた。そしてそれぞれの角度から両国の政治、経済、人文(人と文化)各分野の交流・協力を積極的に推進し、日中関係の持続的、安定的発展に新たに貢献したいと表明した。

    あいさつが終わると、500人余りの出席者は大きな拍手を送り、多くの人が李氏に駆け寄り話しかけていた。日中友好会館の林義郎会長は広がり続ける国際金融危機は両国の互恵協力の重要性を改めて浮き彫りにしたとの認識を示した。中国残留孤児代表の池田澄江さんは故郷中国の養育の恩を永遠に忘れないと語った。

    これに先立ち、李氏は中日友好に長年尽力している民間の友好人士の代表と会見し、中日関係の改善・発展に貢献していることに感謝するとともに、両国の民間の友好人士が引き続き手を携えて努力し、戦略的互恵関係の全面的発展のためにより強固な基礎を築くよう希望した。同日午前、李氏はトヨタ自動車と凸版印刷を訪問し、両社が開発した新製品を興味深く見学した。

    (東京3月31日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]