トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
李長春政治局常務委員,東京に到着日本公式友好訪問を開始

    中国共産党の李長春中央政治局常務委員は29日午後、東京に到着し、日本公式友好訪問を開始した。

    李氏は空港でステートメントを発表し、日本人民に対する中国人民の心からのあいさつと祝福を伝えると共に次のように述べた。中日両国はアジアと世界の重要な国である。昨年、胡錦涛主席の訪日が成功を収め、双方の指導者は中日の戦略的互恵関係を全面的に推進することで一連の重要な共通認識に達し、中日関係は新たな歴史的スタート地点に立ち、一段と前進発展する重要なチャンスを迎えている。滞在中、麻生太郎首相と会見し、朝野の政党指導者、社会各界の人々と幅広く接触し、二国間関係と共に関心を寄せる問題について突っ込んだ意見交換を行う。双方の共同の努力で今回の訪問が必ず政治面の相互信頼を増進し、互恵協力を深め、友好交流を拡大し、中日の戦略的互恵関係を一段と発展させるという所期の目的を達成できると信じている。

    空港では日本政府高官、中国の崔天凱駐日大使および大使館職員、中国資本機関、華僑・華人、留学生の代表らが出迎えた。

    続いて李氏は中曽根弘文外相と会見した。双方は現在の中日関係および共に関心を寄せる国際的、地域的問題について意見を交換した。同夜、李氏は駐日大使館職員、中国資本機関、華僑・華人、留学生の代表を親しく見舞った。

    李氏はミャンマー公式友好訪問を終えて日本を訪れた。

    (東京3月29日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]