トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
呉邦国委員長 日本の浜田防衛相と会見

    呉邦国全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員長は20日、北京の人民大会堂で、日本の浜田靖一防衛相と会見した。

    呉委員長は次のように述べた。中国と日本の国交樹立以降、両国関係はいくつかの曲折を経たが、双方の共同の努力のもと、各分野での協力は長足の発展を遂げた。特に昨年5月の胡錦涛国家主席の訪日成功により、中日関係の全面的な計画が立てられ、両国関係の発展に方向が示された。中国と日本は近隣国で、アジア太平洋地域の重要な国であり、中日関係の発展は両国の共通の利益に合致し、地域と世界の平和、安定、発展に有利に働く。特に国際的金融危機が広がる状況のもと、中日は協力をより強化し、挑戦に共同で対応する必要がある。中国は日本とともに、両国首脳の合意を積極的に実施し、両国関係に存在する敏感な問題を適切に解決し、両国関係の政治的基盤を絶えず強化し、人の往来を拡大し、国民感情を深め、防衛を含む各分野での交流と協力を強化し、中日関係の長期的で、健全で、安定した発展をはかることを願っている。

    浜田防衛相は次のように述べた。中国は世界に大きな影響を与える国だ。日本は中国との友好協力関係の発展を重視している。目下国際情勢と地域情勢が複雑でめまぐるしく変わる状況の下で、日本としては中国との協力をさらに強化して、手をとり、肩を並べて、日中の戦略的互恵関係を絶えず深めていきたい。

    会見には梁光烈国務委員兼国防相らが同席した。

    (北京3月20日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]