トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
東京で第九回中日戦略対話 幅広い共通認識
2009/01/10
 

 中国の王光亜外務次官と日本の藪中三十二外務事務次官は1月9日東京で,第9回中日戦略対話を行った.双方は中日関係および大きな国際・地域問題について率直で突っ込んだ,実務的な意見交換を行い,幅広い共通認識に達した.

 双方は,目下の国際情勢のもと,中国と日本はアジアと世界に重要な影響力を持つ国として,二国間,地域および全世界的問題において意思疎通,協調と協力を強化し,中日の戦略互恵関係を新たな年にさらに発展させ,アジアと世界の平和,安定と発展に貢献する必要があるとの認識で一致した.

 同日,王外務次官は中曽根弘文外相および自民党,民主党,公明党の指導者と個別に会見した.



[Suggest To A Friend]
       [Print]