トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
崔天凱大使、第4回「東京―北京フォーラム」開幕式に出席・あいさつ
2008/09/17

    9月16日、崔天凱大使はチャイナ・デイリー社と日本・言論NPOの共催による第4回「東京―北京フォーラム」開幕式に出席してあいさつした。

    崔大使は次のように述べた。今年は中日平和友好条約締結30周年にあたり、同時に中国の改革・開放30周年にあたる。この30年間、中日関係は並々ならぬ発展の歩みをたどり、中国自身の姿は天地を覆すような変化をとげた。ここで特にもう一つの極めて重要な30周年に触れなければならない。それは中国の改革・開放の総設計師鄧小平氏の日本訪問30周年である。あの歴史的訪問で、条約締結に必要な法的手続きが最終的に完了し、中日の子々孫々にわたる友好という大方向が確立されるだけでなく、一風変わった方法で、古い中国がまもなく改革・開放の新しい時代を迎えることを人々に感じさせた。この三つの「30周年」は中身が豊富で、また互いに関連している。鄧小平氏の戦略的選択に導かれ、中国は30年のたゆまぬ模索と実践を経て、自らの国情に合った特色のある発展の道を歩むことに成功した。この大きな歴史的プロセスで、日本は友好的隣国として、中国の近代化建設に貴重な支持と援助を寄せ、またかつてない発展の余地と実際の利益を得ることになった。

    崔大使は次のように指摘した。30年間の事実が力強く証明しているように、中日関係の変遷・発展はつねに、両国それぞれの命運と密接につながっている。それぞれの国益上、両国はどうしても友好的に付き合い、互恵協力を進めなければならない。中日関係の長期的、健全で、安定した発展は、両国が複雑でめまぐるしく変わる国際環境の中で繁栄と発展を維持するための重要な条件になっている。福田赳夫元首相はかつて西安を訪問した際、「日中友好は世界の平和なり」と揮毫され、大平正芳元首相も「日中友好は最大の安全保障」と強調された。これらはすべて先輩たちが過去の経験から得た貴重な教訓と啓示であり、われわれが銘記しておくべきものである。

    崔大使はさらに、次のように述べた。近年、中日関係は厳しい政治的試練を受けた。双方の共同した努力によって、今日の中日関係は成功的に難局から脱却し、歴史の新しいスタート地点に立っている。両国の指導者は「氷を破り」、「氷を溶かし」、「春を迎える」旅と「暖かい春」の旅によって戦略的互恵関係の全面的推進という共通の目標を打ち立てた。そしてお互いの政治的相互信頼が著しく強まり、実務交流と協力が引き続き深まり、両国関係は再び生気を取り戻した。さらに今年に入り、四川の震災救援と北京オリンピックをめぐる両国のよい方向への相互作用によって、お互いの信頼と友情は新たな昇華をとげた。高村正彦外相が昨年末述べられた、「今年を日中関係の飛躍の年にする」ということが現実になりつつあると言える。

    崔大使は次のように強調した。中日関係の次の30年さらにはもっと長い時期を展望すると、平和共存、世代友好、互恵協力、共同の発展という壮大な目標を実現するために、われわれはなお多くの大きな課題を抱えており、一緒に一つ一つの山を越え、一つ一つの川を渡っていかなければならない。当面と今後しばらくについて言えば、次のいくつかの面に重点的に関心を寄せ、うまく進めていく必要がある。

    第一に胡錦涛主席の今年の訪日時に、両国の指導者が位一致された一連の共通認識を全面的に実行し、中日の戦略的互恵関係を全面的に推進し、中日関係にたえず新たな活力を注ぎ、両国関係のよい発展の勢いを維持し、強化する。

    第二に両国指導者間の直接対話と意思疎通を一層緊密にし、風波による試練に耐えうる政治面の相互信頼を築く。同時に両国指導者による政治面の共通認識をできるだけ早く両国人民に広く賛同、支持される社会的共通認識に転化させ、より多くの市民、特に青少年を中日友好事業に参画させる。

    第三に相互補完の優位性を一層掘り起こし、それぞれの現実や長期的発展のための必要性および今日の世界の潮流と結びつけて、双方の協力規模を引き続き拡大し、協力の水準とレベルを高める。省エネ・環境保護、気候変動などの分野を重点にして、できるだけ早く突破をはかるようにする。

    第四に国民感情を一層効果的に改善する。先ごろフォーラムの主催者が両国市民の相互認識と両国関係の現状に対する評価について世論調査を行ったが、その結果は深く考えさせられるもので、両国市民の交流強化の必要性と緊急性を再度はっきり示している。

    崔大使は両国の出席者がフォーラムの場を十分に活用して率直な交流を行い、互いに啓発しあい、中日関係の長期的発展にかかわる重要な議題についてより多くの正確で透徹した見解を述べ、将来を見通した意見と提案を出すよう心から希望していると述べた。

    日本の高村正彦外相はあいさつで、次のように述べた。近年、日中の戦略的互恵関係という新しい指針のもとで、両国関係は改善され、発展している。今後、政局がどう変わろうとも、日本の日中関係重視の大きな流れはいささかも変わることはない。今後両国はハイレベルの政治的相互信頼を一層強固にし、国民の相互理解を促し、互恵協力を強め、国際・地域問題に共同で対処していくべきだ。

    チャイナ・デイリー社の朱霊・編集長と新日中友好21世紀委員会の小林陽太郎日本側座長が主催者を代表してあいさつした。王晨・国務院新聞(報道)弁公室主任と明石康元国連事務次長がそれぞれ基調講演を行った。

    今回のフォーラムは9月15日から17日まで東京で開かれ、両国から100人余りが出席し、議題は政治、経済協力、メディア、食糧と食の安全、安全保障と災害協力など多くの分野に及んだ。



[Suggest To A Friend]
       [Print]