トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛主席、加藤紘一元自民党幹事長と会見
2008/09/08

 胡錦涛国家主席は7日、人民大会堂で、北京パラリンピックの開会式に出席するため訪中した加藤紘一元自民党幹事長・日中友好協会会長と会見した。

 胡主席は加藤氏の北京パラリンピック開会式出席を歓迎し、日本政府と社会各界の北京五輪、パラリンピックに対する支持に感謝した。また日本選手が大会で優れた成績を収めるよう祈ると述べた。

 胡主席は次のように指摘した。中日両国はともにアジアと世界で重要な影響力をもつ国で、地域と世界の平和を守り、共同の発展をはかる重要な責任と使命を負っている。中日の戦略的互恵関係を一層固め、発展させるのは、両国と両国人民の共通の利益にかない、アジアと世界の平和、安定、繁栄にも役立つことである。中国は日本と共に、政治対話を強化し、互恵協力を深め、人文(人と文化)交流を拡大し、中日の戦略的互恵関係を新たな水準に高めることを願っている。

 胡主席は、両国関係の改善と発展における日中友好協会の重要な役割を高く評価し、中日友好は結局、両国人民の友好であり、中日友好事業を発展させるには両国人民の共同の努力によらなければならず、日中友好協会がよい伝統を発揚し、友好の信念を固め、新たな活力を示し、中日友好事業の発展に新たな貢献をするよう希望していると強調した。

 加藤氏は次のように述べた。北京五輪は大成功を収め、北京パラリンピックの開会式は盛大なものだった。この二つの祭典は人類の歴史に記されるだろう。心から祝意を表したい。日中友好協会は日中友好事業に60年近く携わっており、われわれは中国と共に努力して、各分野の交流・協力を拡大し、両国人民の友好的感情を増進し、引き続き日中関係の健全で安定した発展のために努力することを願っている。

 会見には令計劃、王滬寧、戴秉国の各氏が同席した。

 (北京9月7日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]