トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
宋健中日友好協会会長、福田首相を表敬訪問
2008/09/06

 日本を訪問中の宋健・中日友好協会会長は5日、福田康夫首相を表敬訪問するとともに、高村正彦外相と会見した。

 福田首相は席上、次のように述べた。昨年9月の首相就任以来、胡錦涛主席、温家宝首相ら中国の指導者と何度も会い、日中両国の戦略的互恵関係の全面的発展について一連の共通認識を得、両国関係は顕著な発展を収めている。まもなく首相を辞任するが、今後も日中関係の一層の発展のために引き続き努力したい。

 宋会長は、福田首相が中日の戦略的互恵関係をたえず深めるため重要な貢献をしたことを高く評価する胡錦涛主席、温家宝首相からのあいさつを伝えた。

 宋会長は、中国側は日本側とともに、両国の指導者による一連の共通認識を全面的に実行に移し、友好交流を一層拡大し、互恵協力を深め、諸問題を適切に処理し、両国の平和共存、子々孫々の友好、互恵協力、共同の発展という崇高な目標実現のために努力することを願っている。

 高村外相は会見で、中日友好協会が日中関係の発展に寄与してきたことを高く評価した。また四川大地震の震災復興に援助を提供したい、北京オリンピックの成功を祝うとともに、北京パラリンピックの成功を祈ると述べた。宋会長は、福田首相と高村外相は中日関係発展のために多大な努力を払われており、これに敬意と謝意を表すると述べた。

 宋会長の率いる中日友好協会代表団は日中友好会館の招きで、6日間の日本訪問のため、4日東京に着いたもの。

 (東京9月5日発新華社)



[Suggest To A Friend]
       [Print]