トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
呉邦国委員長、日本の河野洋平衆議院議長と会見
2008/08/19

 

 呉邦国全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員長は8月18日、人民大会堂で、北京オリンピック視察のため訪中した日本の河野洋平衆議院議長と会見した。

 呉邦国氏は席上、次のように述べた。5月に行われた胡錦涛主席の日本への「暖春の旅」成功で、両国関係の今後の発展について全面的計画が立てられ、中日の戦略的互恵関係の新局面が開かれた。中日関係はすでに歴史の新しいスタート地点にたち、一層広い空間へと拡大する重要なチャンスを迎えている。中国全人代は日本衆議院との協力を一層強化し、双方の定期交流制度の機能を十分に生かして、両国指導者による共通認識を全面的に実行に移し、中日の戦略的互恵関係の新たな発展を促進することを願っている。呉委員長はさらに、日本政府、国会と国民の北京オリンピックに対する支援に感謝し、日本の国会で各党派からなる「北京オリンピックを支援する議員連盟」が結成されたことを称賛するとともに、日本選手が優れた成績を収めるよう祈ると述べた。

 これに対し、河野議長は次のように述べた。日本各界は北京オリンピックに強い関心と支持を寄せている。日本の衆議院は日中両国民の友好的気持ちを深め、両国関係の全面的な発展をはかるために一層積極的な役割を果たすことを願っている。

 会見には李建国全人代常務委副委員長兼秘書長が同席した。

 中国外交部ホームページより



[Suggest To A Friend]
       [Print]