トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
崔天凱駐日大使が四川大地震救援の感謝レセプションと写真展
2008/07/30

 

 崔天凱中国駐日大使は7月29日、東京でレセプションを催し、中国の「5・12」四川大地震に際し、日本各界から救援と協力が寄せられたことに感謝した。これには河野洋平衆議院議長、江田五月参議院議長、志位和夫日本共産党委員長、福島瑞穂社民党党首、二階俊博自民党総務会長、谷垣禎一政調会長、冬柴鉄三国土交通相、加藤紘一日中友好協会会長、大橋洋治日本経団連副会長ら各界の人々と在日華僑、留学生の代表700人近くが出席した。

 崔大使はあいさつで、次のように述べた。四川大地震は新中国成立後、破壊が最もひどく、救援が最も難しい自然災害だった。突如やってきた災難を前に、中国人民は衆志城を成し、災害とたたかい、感動と涙の壮麗な一章を記した。この過程で、中国人民は日本の政府、各界の友人、在日同胞の強力な支持と援助を受けた。その中で示された人々の真心と人道主義の光は永遠に両国人民の心に残るだろう。長い時を経た中日両国人民の友好的感情は今回の震災で再び実証され、昇華した。

 崔大使はさらに、次のように述べた。現在、震災地の復旧・復興活動は全面的に進められ、被災者は一応の落ち着き先が確保された。日本は地震対策や震災復興の面で豊富な経験があり、われわれとしても真剣に学び、参考にすべきである。先ごろ、福田康夫首相は北海道サミットの際、胡錦涛主席と会談し、両国の防災減災協力を一層強めるよう提案するとともに、日本側の包括的協力プランを発表した。また最近、被災地の地方政府関係者の視察団と26人の青少年学生代表が日本政府の招きで相次いで訪日し、交流している。これらは中国人民に対する日本人民の友好的気持ちをよく現し、また両国の実務協力に新たな内容を加えるものである。今回の震災救援で生まれた双方の好ましい相互作用は両国関係の全面的発展を促す貴重な財産になるものと信ずる。

 河野議長はあいさつで、次のように述べた。相互友愛は全人類の共通の価値観だが、隣国である日中両国は特に、困難な時には助け合うべきだ。地震の多い日本は、四川の地震をわがことのように感じ、被災地に出来る限りの援助をしたいと考えている。本日、崔大使がレセプションを催し、日本政府と国民の援助に謝意を表された。そのお気持ちにとても感動している。被災地の復興ではいろいろな難題にぶつかることをわれわれはよく知っており、日本としても自らの有益な経験と技術を提供し、被災地の人々の役に立ちたいと考えている。被災地の人々は必ずさまざまの困難を克服し、早期に復興をとげるものと信じ、また10日後に開幕する北京オリンピックも必ず成功するものと信ずる。

 レセプションでは中国大使館が製作したスライドが上映された。数十枚の写真と生き生きとした文字で、四川の震災救援を支援する日本各界の姿が描かれており、政党の党首が自ら街頭に出て募金をしている場面もあれば、幼い子供が背伸びをして募金箱にお金を入れている場面もあり、出席者の胸を打った。四川被災地地方政府視察団の一部団員も会場で、出席者に最新の復興状況を紹介した。また被災地からきた26人の青少年と駐日大使館の四川出身館員は、「あすはもっとよく」という歌を合唱し、被災地の人々の楽観的で、前向きな姿をみせた。最後に、子供たちが日本各界の代表に感謝の花束を贈ると、満場から盛んな拍手が起こり、レセプションは最高潮に達した。

 会場では四川地震写真展も開かれ、出席者の胸を揺さぶった。

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]