トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
王剛党中央政治局委員、山崎拓元自民党幹事長一行と会見
2008/07/18

 

 王剛・中国共産党中央政治局委員・人民政治協商会議(政協)全国委副主席は17日、北京で日本の山崎拓元自民党幹事長一行と会見した。

 王剛氏は次のように述べた。

▽中日の善隣友好関係を発展させることは両国と両国人民の根本的利益にかない、アジアと世界の平和、安定、繁栄にとって重要な意義がある。中国は日本と共に努力し、引き続き互恵協力と各分野の交流を深め、両国関係の長期的で健全な発展をはかり、苦労して得られた中日関係の良好な局面を守るため努力することを願っている。

▽政党間の交流は中日関係の大きな特色をもつ重要な部分で、長年、中日関係の健全で安定した発展を推進し、両国の政治家と人民の間の相互理解と信頼を増進するうえで重要な役割を果たしている。両国の与党がハイレベル交流のパイプを一層拡大し、交流の内容を豊かにし、両国指導者の重要な共通認識を実行に移し、中日の戦略的互恵関係の発展をはかるため貢献するよう希望する。

 会見で王氏は中国の震災救援活動と北京五輪開催に対する日本政府と各政党、社会各界の支援、支持に謝意を表した。

 (北京7月17日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]