トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
自衛艦「さざなみ」、友好訪問を終え湛江を離れる
2008/06/29

 

 日本海上自衛隊の駆逐艦「さざなみ」は5日間の中国友好訪問を滞りなく終え、28日午前広東省湛江港を後にした。

 送別の軍楽の中、「さざなみ」はゆっくりとふ頭を離れ、艦上の将兵は脱帽して、岸壁に整列し手を振って別れを告げる中国海軍の将兵に応えた。

 中国海軍南海艦隊司令員の蘇士亮中将はふ頭で歓送式を行った。そして「さざなみ」を率いて訪中した海上自衛隊第4護衛隊群司令の徳丸伸一少将に、今回の答礼訪問は中日防衛交流の重要な成果だと指摘、「中国人民と中国海軍の日本人民への友好的気持ちを持ち帰っていただきたい」と述べた。

 訪問を終え湛江を離れた後、日本の艦艇は湛江付近海域で、中国海軍と通信連絡および編隊運動を主な内容とする合同演習を実施する。

 駆逐艦「さざなみ」は将兵240人を乗せて、24日湛江に到着、2007年11月28日から12月1日までの中国海軍のミサイル駆逐艦「深セン(土+川)」の訪日の答礼訪問を行った。

 訪問中、徳丸少将らは蘇士亮中将と湛江市の関係者を表敬訪問した。中日双方は豊富な交流活動を行った。双方の将兵は互いに相手の艦艇を見学し、座談会を開いて災害救援の経験を交換するとともに、雨の中でバスケットボール、サッカー、綱引きの交歓試合を行った。日本の将兵はさらに、湛江市内を見学した。

 27日午後、「さざなみ」は中国の市民に開放され、数百人の湛江市民が見学した。中日双方の軍楽隊はさらに、見学に訪れた市民のためにふ頭で2時間の合同演奏を行った。演奏に先立ち、中日双方の全員がブン川(ぶんせん)=ブンはさんずい+文=地震の犠牲者に1分間の黙とうをささげた。

 「さざなみ」は今回、防衛省と自衛隊から四川の震災地に贈られる食品、衛生用品、毛布などの救援物資を持ってきた。すでに25日に中国側に引き渡され、鉄道で四川の被災地に向かっている。

 (湛江6月28日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]