トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
海自護衛艦、訪中のため呉港を出発
2008/06/20

 

 海上自衛隊の護衛艦「さざなみ」が中国友好訪問のため、19日午前9時(北京時間同8時)、広島県呉市の軍港を出発した。自衛隊の艦艇が訪中するのは初めて。

 07年に行われた中国海軍ミサイル駆逐艦による訪日への答礼訪問。自衛隊艦艇の訪中は中日防衛交流の重要な一部で、双方は今年5月の中日首脳会談で自衛隊艦艇の訪中について合意していた。

 「さざなみ」は6月24日、広東省の湛江港に到着し、5日間滞在する。滞在中、「さざなみ」の将兵と中国海軍の将兵は相手側の艦艇を相互参観し、専門的な交流を行い、スポーツ・文化イベントを開く。日本の艦艇は湛江市民に開放される。

 (呉6月19日発新華社)

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]