トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
暖春の旅を終え帰国の途に 胡主席訪日終了
2008/05/10

 

    中国の胡錦涛国家主席は日本での公式訪問を滞りなく終え、10日大阪から帰国の途に就いた。

 胡錦涛主席は6日から日本を訪問、中日の戦略的互恵関係の包括的な推進のため、5日間の暖春の旅を繰り広げた。

 訪問中、胡主席は昭仁天皇と会見した。福田康夫首相と中日関係および共に関心を寄せる問題について率直に突っ込んで意見を交換し、幅広い共通認識を得た。双方は、中日両国の長期的、安定した善隣友好関係を発展させることは両国と両国人民の根本的利益に合致し、アジアと世界の平和、安定、繁栄に重要な意義があるとの認識で一致した。

 訪問中、胡主席は福田首相と戦略的互恵関係の包括的推進に関する共同声明に署名した。中日双方は日中両政府の交流と協力の強化に関する共同プレス発表を行った。胡主席は早稲田大学で重要な講演を行うほか、日本各界の人々と幅広く接触した。

 胡主席は9日午後東京から大阪に到着、関西を訪問した。

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]