トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛主席、日中友好7団体と華僑4団体主催の歓迎レセプションに出席
2008/05/15

 

胡錦涛国家主席は8日昼、東京で日中友好7団体と華僑4団体の歓迎レセプションに出席し、あいさつした。胡主席は次のように指摘した。歴史と現実がわれわれに教えているように、中日友好は歴史的伝統であるだけでなく、さらには時代の潮流でもあり、平和共存、子々孫々の友好、互恵協力、共同の発展がわれわれ双方の共に追求する崇高な目標である。中日友好は結局のところ両国人民の友好であり、中日友好の土台と主体は両国人民であり、中日友好事業の発展は両国人民に依拠しなければならない。

歓迎レセプションは赤坂プリンスホテルで開かれた。胡主席が会場に入ると、大きな拍手が湧き起こり、長く続いた。

胡主席はあいさつの中で次のように強調した。

▽中日両国は一衣帯水で、両国人民は隣り合って暮らしている。2000年余りの長きにわたる友好往来はそれぞれの国の発展と進歩を促し、文化的つながりができ、世界の民族交流の歴史に輝かしい一章を記した。1972年の中日国交正常化実現以来、両国関係は急速に発展し、各分野の交流と協力が深まり、両国と両国人民に実益をもたらし、アジアと世界の平和と発展に積極的に貢献した。

▽中日関係の今日の良好な局面はたやすく得られたものではなく、数世代の人々の心血が凝集されている。両国の先輩指導者が戦略的決断をして、中日国交正常化を実現し、中日平和友好条約を締結した。これら先輩指導者は現代の中日関係の開拓者であり、われわれが永遠にしのぶものである。両国各界の有識者、特に日中友好7団体の友人は長年、中日友好の信念を持ち続け、中日友好事業に身を投じ、努力を続け、重要な貢献をした。中国政府と人民を代表し、中日関係の発展に貢献した日本各界のすべての友人に対して感謝と崇高な敬意を表する。

▽両国人民の子々孫々の友好を実現するカギは青少年から力を入れることにある。中日両国政府は今年を中日青少年友好交流年とした。これは非常に有意義な措置である。日中友好7団体が両国の青少年交流で新たな貢献をするよう心から希望する。

▽中日関係はさらなる発展の新たなチャンスを迎えている。両国各界の人々が過去を受け継ぎ、未来を切り開き、手を携えて努力し、中日友好事業を共に推進し、両国人民を一層幸福にし、アジア人民と各国人民を幸福にすることを心から期待している。

レセプションは日中友好協会、日本国際貿易促進協会、日中文化交流協会、日中友好議員連盟、日中経済協会、日中協会、日中友好会館、日本華僑華人連合総会、日本新華僑華人会、日本中華総商会、在日中国企業協会が主催した。

令計劃中国共産党中央書記処書記・中央弁公庁主任、王滬寧同書記・中央政策研究室主任、戴秉国国務委員も出席した。

(東京5月8日発新華社)

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]