トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛主席、与野党の主要な責任者と会見
2008/05/15

 

胡錦涛国家主席は7日午後、東京で自民党の主要な責任者伊吹文明氏、太田昭宏公明党代表、小沢一郎民主党代表、志位和夫共産党委員長、福島瑞穂社民党党首と相次いで会見した。

胡錦涛主席は次のように述べた。中国と日本は互いに重要な隣国で、共にアジアと世界の重要な国であり、地域・国際問題で幅広い共通の利益をもち、地域と世界の平和と発展の促進に、重要な共同の責任を担っている。中日の戦略的互恵関係を発展させることは、両国および両国人民の根本的利益に合致し、アジアと世界の平和、安定、繁栄に役立ち、また両国人民の共通の願いと国際社会の普遍的期待でもある。

胡主席は次のように指摘した。中日両国は本日、戦略的互恵関係の全面推進に関する共同声明を発表した。これは両国の4番目の政治文書であり、今後の中日関係を導く重要な役割を果たすだろう。中日関係はいま新しい歴史のスタート地点にたち、さらなる発展への新たなチャンスを迎えている。われわれは日本側と共に努力して、政治面の相互信頼を増進し、経済・貿易、環境保護、エネルギー、情報、金融、人文、青少年、グローバルな問題などの分野の交流・協力を強め、中日の戦略的互恵関係が全面的に発展する新たな局面を開き、中日の戦略的互恵関係を共同で推進することを願っている。

胡主席は各政党が中日関係を重視し、その発展をはかっていることを積極的に評価し、次のように指摘した。政党の対話・交流は両国の戦略的対話を構成する重要な部分であり、双方が共に努力し、中日関係の情勢に合わせて、交流の形式を革新し、内容を豊富にし、レベルを高め、戦略的互恵関係の発展に新たな貢献をするよう希望する。

各政党の責任者は日本を公式訪問した胡錦涛主席を歓迎し、中日双方が発表した4番目の政治文書を積極的に評価、これは歴史的意味をもつ文書で、両国関係の発展を促進する重要な文書だと指摘した。そして今後も努力し、中日の戦略的互恵関係が全面的に発展する新たな局面を開くために貢献したいと表明した。

伊吹氏は、日中両国が手を携えて前進し、日中の戦略的互恵関係を推進することは両国の共通利益に合致すると述べた。また中国政府が科学的発展観を貫き、調和社会の建設に力を尽くしていることに支持と称賛を表明、中国が経済・社会発展でたえず新たな進歩を収めるよう祈ると述べた。

太田代表は、日中関係の発展はアジアにとっても、世界にとっても非常に重要であり、双方がもっと多くハイレベルの相互訪問と会談を進め、青少年交流に力を入れ、戦略的互恵関係の推進を加速するよう希望すると述べた。

小沢代表は、胡錦涛主席の今回の訪問で中日関係の一層の前進がはかられ、両国人民の感情が深まると信じており、民主党としてもより友好的な日中関係の実現に貢献したいと述べた。

志位委員長は、日本共産党は中国共産党と良好な交流を進め、両国関係の発展を促しており、また確固たる姿勢で両国の歴史問題を正しく扱うことを主張し、一つの中国政策をとっていると述べた。

福島党首は、北東アジアの平和・安定を守る面での中国の積極的努力をたたえ、日中は協議・協力を強め、北東アジアの永続的平和の実現に共に寄与すべきだと述べた。

各政党の責任者は口々に、北京オリンピックの成功を祈ると表明した。

(東京5月7日発新華社)

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]