トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
胡錦涛主席と福田首相が共同記者会見
2008/05/15

 

胡錦涛国家主席は7日、東京で日本の福田康夫首相との公式会談のあと記者会見し、質問に答えた。

胡錦涛主席は次のように表明した。福田首相と率直で友好的雰囲気の中で、中日関係及び共に関心を寄せる問題について率直で突っ込んだ意見交換を行い、幅広い共通認識に達した。我々は次のような認識で一致した。中日両国は隣国として、またアジアと世界に大きな影響力をもつ国として、平和、友好、協力の道を歩むほかない。中日関係はいま新たな歴史のスタート地点に立ち、さらなる発展への新たなチャンスを迎えており、双方は共に努力して、中日の戦略的互恵関係が全面的に発展する新たな局面を開くべきだ。

胡錦涛主席は次のように指摘した。双方は四つ目の政治文書を発表することで合意した。この文書は中日関係の新たな発展が集中的に現され、双方の新たな共通認識が結集されており、これまでの三つの政治文書の原則を継承したうえで、両国関係の長期的発展のための指導原則を決め、今後の中日関係発展のための計画を立てている。この文書と過去の三つの文書の導きの下に、我々は共同で中日関係の一層すばらしい未来を切り開くことができると信じている。

アジアにおける中日両国の協力問題についての質問に答えて、胡主席は次のように述べた。中日両国は共にアジアの重要な国で、アジアの発展と平和に大きな責任を負っている。両国は各分野の協力を発展させ、中日の戦略的互恵関係を発展させるべきであるばかりでなく、完全にそうすることができる。日本側と北東アジアの平和と安定を守るために共に力を尽くし、6カ国協議のプロセスを共同で推進し、北東アジアの平和と安全のための仕組みづくりを進めたい。東アジア地域協力の一層の強化について日本側との意思疎通と協調を強化し、それぞれの強みを生かし、「10+3」(東南アジア諸国連合10カ国と中日韓3カ国)などの協力の仕組みを着実に推進し、東アジア地域協力を絶えず深めていきたい。日本側と共にさまざまな地域、亜地域協力の仕組みを十分に生かし、アジア各国による文化、観光、青少年、人材養成各分野の交流の強化を促し、アジア各国人民の相互理解と相互信頼を絶えず深めていきたい。

東海の石油・ガス資源共同開発問題について、胡主席は次のように表明した。両国の外交部門は両国指導者による共通認識に基づいて突っ込んだ協議を行い、重要な進展を収めており、すでに問題解決の見通しがついた。このことを喜んでいる。我々は双方が引き続き協議を急ぎ、出来るだけ早く合意に達することを取り決めた。

輸出ギョーザ問題について、胡主席は次のように述べた。中国政府は食の安全と人民の健康を非常に重視している。中国の関係部門はこの事件について真剣で徹底した調査を行った。調査状況については、中国側関係部門と日本側関係部門が適時に意思の疎通を図っている。出来るだけ早く真相を解明するため、両国の関係部門は引き続き調査を行い、特に双方の協力を強化するだろう。

中央政府とダライ側との接触・協議についての質問に、胡主席は次のように答えた。中央関係部門の責任者が最近、ダライ・ラマの個人的代表と接触し、協議を行った。次の接触も適当な時期に行われる。ダライ側との接触・話し合いは厳粛で真剣なものだ。我々はダライ側が実際行動で誠意を示し、本当に祖国を分裂させる活動を止め、暴力を扇動する活動を止め、北京五輪を破壊する活動を止め、次の段階の話し合いための環境を整えるよう望んでいる。我々は接触で積極的な成果が得られるよう願っている。

福田首相は、両国首脳の会談における共通認識を積極的に評価し、中国側と共に努力し、積極的措置を講じてこれらの共通認識を実行に移し、中日の戦略的互恵関係を全面的に推進していくと表明した。また、北京五輪は中国にとっても、世界にとっても重要な意味をもっており、北京五輪の成功を心から祈ると述べた。

(東京5月7日発新華社)

 

 


[Suggest To A Friend]
       [Print]