トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
習近平副主席、村山元首相、平山郁夫会長らと会見
2008/04/20

 

    習近平国家副主席は18日、北京の人民大会堂で、村山富市元首相や日中友好協会の平山郁夫会長らと会見した。

 習近平副主席は次のように述べた。中日両国は重要な隣国同士で、両国ともアジア太平洋地域の重要な国である。悠久の交流史で結ばれており、文化的根源も深い。長期的で安定した善隣友好協力関係を発展させることは両国と両国人民の根本的利益にかなっており、アジアと世界の平和と安定にも役立つ。

 習副主席はさらに、今年は「中日平和友好条約」締結30周年と中日青少年友好交流年に当たり、これを契機に双方は各分野の交流と協力を強化し、両国関係の長期的安定的かつ健全な発展をはかるべきだと述べた。

 習副主席は北京で「平山郁夫芸術展」が開幕したことに祝意を表した。

 村山氏は、日本国民は北京五輪を支持しており、北京五輪の成功に期待していると表明した。

 村山氏ら一行は中日友好協会の招きで、「平山郁夫芸術展」の開幕式に出席するため北京を訪れたもの。会見には武大偉外務次官、井頓泉中日友好協会副会長、宮本雄二日本大使が同席した。

    (北京4月18日発新華社)

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]