トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
福田康夫首相、楊潔篪外相と会見
2008/04/18

 

    日本の福田康夫首相は18日、東京で中国の楊潔篪外相と会見した。

 楊外相はまず、胡錦涛主席からの親書を福田首相に手渡した。胡主席はその中で、訪日を通じて戦略的互恵関係を全面的に深め、中日関係を長期的、健全で、安定した発展の軌道に乗せていきたいと表明。福田首相はそれに謝意を表した。

 福田首相は次のように表明した。近く行われる胡錦涛主席の訪日は重要な意味をもつもので、日本政府と私自身は胡錦涛主席の訪問を心待ちにしており、今回の訪問で日中関係と協力が強固になり、強化されることを強く願っている。胡錦涛主席の訪日が成果を収めるよう双方が全力を尽くすよう希望する。

 楊外相は次のように表明した。福田首相の昨年の中国訪問は中日関係の改善と発展を力強く促した。中日関係は現在、良好な発展ぶりをみせており、まさに過去を受け継ぎ、未来を切り開く重要な時期を迎えている。中国側は近く行われる胡錦涛主席の日本公式訪問を非常に重視しており、この訪問を通じて、戦略的相互信頼の増進、互恵協力の拡大、国民感情の改善、国際・地域協力の強化面で成果が得られるよう希望している。日本側と共に、引き続き戦略的見地から両国関係をとらえ、戦略的互恵関係の深化とレベルアップに努め、中日関係の長期的、健全で、安定した発展を促進したいと考えている。

 福田首相は北京五輪の成功を祈っていると述べ、日本としても支持、協力していきたいと表明した。

 楊外相は同日午前、河野洋平衆議院議長、江田五月参議院議長と個別に会見した。そして中日関係を積極的に評価し、両議長が中日友好のため尽力し、中日関係の改善と発展に重要な貢献をしていることを称賛した。

 河野議長は次のように表明した。日中関係は困難な時期を乗り越え、春を迎えている。日本側は胡錦涛主席の訪日に大きな期待を寄せており、今回の訪問を契機に両国がよりよい協力関係を築くよう希望している。それは日中双方にとって、またアジアさらには世界にとっても有益である。衆議院としては中国全人代との定期交流の仕組みをたえず充実させ、両国関係の発展に貢献していきたい。

 江田議長は、近く行われる胡錦涛主席の日本公式訪問を心から歓迎し、この訪問は必ず成功を収めるものと信じていると述べた。

 両議長は、2008年オリンピックは中国人民のオリンピックで、アジア人民のオリンピックでもあり、北京五輪の成功を祈っていると表明した。

 楊外相は同日、公明党の大田昭宏代表、社民党の福島瑞穂党首、共産党の志位和夫委員長、町村信孝内閣官房長官、民主党の小沢一郎代表、自民党の伊吹文明幹事長とも会見した。

 さらに日中友好7団体主催の歓迎レセプションにも出席した。

 中国の崔天凱大使が会見に同席し、レセプションに出席した。

    (東京4月18日発新華社)

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]