トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
東京で中日外相会談 
2008/04/18

 

    日本を公式訪問している中国の楊潔篪外相は17日、東京で日本の高村正彦外相と会談した。双方は中日関係を前向きに評価し、共に努力して、各方面の準備を整え、胡錦涛主席の日本公式訪問を成功させることで合意した。

 楊外相は次のように述べた。

▽今年は中日平和友好条約締結30周年で、両国関係は新たな歴史的スタート地点に立ち、一層の発展のための重要なチャンスを迎えている。われわれは日本と共に、チャンスをとらえ、協力を深め、交流を拡大し、関係の問題を適切に処理し、両国関係を新たな段階に進めることを願っている。

▽胡錦涛主席は間もなく日本を公式訪問する。われわれは今回の歴史的訪問を通じて、日本と共に戦略的見地と長期的角度から、共に未来を計画し、未来を切り開いて、戦略的相互信頼を増進し、互恵協力を深め、国際問題について意思疎通と協調を強める面で共通認識に達し、両国関係を長期的かつ健全で安定した発展の軌道に乗せることを希望している。

 高村外相は次のように述べた。

▽日中両国は今年、一連の交流を行い、活発な雰囲気の下で、外交、安全保障、文化、青少年の対話・交流などの面で大きな成果を収めている。日本は両国の高いレベルの交流を続け、環境保護、省エネ、農業、知的財産権などの面の対話と協力を強めることを希望している。

▽日本側は胡錦涛主席の日本公式訪問に期待している。胡主席の今回の訪日は日中間の戦略的互恵関係を築くための重要な努力であり、日中関係の発展を促すうえで重要な役割を果たし、今後の発展に大きな影響を与えるだろう。中国との協力を強めて、訪問を成功させたい。

 高村外相は北京五輪の成功を祈ると述べ、楊外相はこれに謝意を表明した。

 会談には崔天凱駐日大使が同席した。

    (東京4月17日発新華社)

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]