トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
王家瑞党対外連絡部長、自民・公明与党幹事長と会見
2008/04/16

 

 中国共産党中央対外連絡部の王家瑞部長は15日、北京で自民党の伊吹文明幹事長、公明党の北側一雄幹事長を団長とする日本与党代表団と会見した。

 王部長は次のように述べた。日本与党代表団は胡錦涛国家主席の訪日を前に訪中したことで、両国人民の強い関心を呼んでいる。両国与党の交流は各分野の互恵協力を推進する重要な原動力である。中国共産党は日本の与党と共に努力し、両国関係が良好に発展している状態を固め、胡主席の訪日を成功させたいと願っている。

 伊吹幹事長は次のように表明した。胡主席の訪日は日中間の戦略的互恵関係の具体化を促し、日中両国民ひいては全世界に日中友好を示すものになるだろう。日本はこのために積極的に努力している。

 北側幹事長は、胡主席の訪日には歴史的意義があり、日本側は強い期待を寄せていると述べた。

 双方はまた友好を一層深め、政党間の交流を強化することについて意見を交換した。

 (北京4月15日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]