トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
北京で第8回中日戦略対話
2008/02/24

 

 第8回中日戦略対話が22日から23日まで北京で行われ、中国の王毅外務次官と日本の藪中三十二外務事務次官がそれぞれ代表団を率いて出席した。双方は戦略的相互信頼の増進について重点的に意見を交換し、有益な成果を収めた。

 藪中次官は、次のように強調した。中国の発展は日本にとって脅威ではなくチャンスである。日本は中国が30年の改革・開放で大きな成果を収めたことに敬服している。

 双方は次のように確認した。中日関係はいま歴史の新たな起点に立ち、重要な発展のチャンスを迎えている。胡錦涛主席の今年の訪日は過去から未来へつなぐ歴史的訪問であり、双方は協力を強化し,訪問を立派に成功させて、中日関係を本当に健全で安定した軌道に乗せることを願っている。

 戦略対話の期間中、双方は東海問題についてさらに協議し、両国指導者のこれまでの諸共通認識に従って、引き続き努力し、両国関係が一層発展するプロセスで、早急にこの問題の適切な解決をはかるべきだとの認識で一致した。

 戦略対話終了後、楊潔チ(たけかんむりに褫のつくり)外相が藪中次官一行と会見した。

  (北京2月23日発新華社)

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]