トップページ > 旧版网站栏目 > 中日関係
福田首相、唐家セン国務委員と会見
2008/02/22

 

 日本の福田康夫首相は21日夜、首相官邸で、中国の唐家セン(王+旋)国務委員と会見した。

 唐国務委員は次のように述べた。福田首相は昨年末訪中し、中国の指導者と中日の戦略的互恵関係の発展について幅広い共通認識を得た。中国は日本と共に、両国指導者の共通認識を真剣に実行に移し、往来を増やし、相互信頼を深め、協力を広げ、敏感(センシティブ)な問題を適切に処理して、中日関係を新たな段階に進めることを願っている。

 福田首相は訪中の際、中国側から手厚いもてなしを受けたとして礼を述べた。

 唐国務委員は次のように表明した。中日関係は歴史の新たな起点に立ち、新たなチャンスを迎えている。今年は「中日平和友好条約」締結30周年にあたり、中国の胡錦涛国家主席が日本を公式訪問する。これは中日関係の長期的発展にとって大きく深い意義をもつことだ。今年は「中日青少年友好交流年」と北京オリンピックの年でもあり、両国の往来と協力に新たな活力が注がれるだろう。

 福田首相は、日本政府と国民は胡錦涛主席の訪日に期待し、心から歓迎しており、中国側と共に努力して、この訪問を成功させ、日中関係に新たな原動力を添えるようにしたいと強調した。

 また、中国南部の一部が雪害に見舞われたことに見舞いを述べ、唐国務委員はこれに感謝するとともに、災害救援と被災地復興の状況を説明した。

 双方は食品安全性の分野で協力を強め、中日関係改善と発展の大局を共に守ることで合意した。

 (東京2月21日発新華社)

 

 

 

 



[Suggest To A Friend]
       [Print]